実は今入ってます。お風呂でお兄ちゃんの硬いアレがっ 4話ネタバレ

実は今入ってます
入浴後、琴音に謝るタイミングを失い、狭い部屋で俺を真ん中にして川の字で寝ることになる。

浴槽の出来事が頭から離れず、悶々とする中…勃起してきた。

「琴音…」

浴槽であそこまでしたんだから、もう少しくらい…
勝手な解釈で、ソッと布団を剥がしお尻を触った。

「おぉ!柔らけぇ!!」

伸ばした手を叩かれた。

「起きてるのか?」

琴音は昔から押しに弱いし…いっそこのまま…

「お前のせいだぞ。俺さっきからムラムラしてて…いいだろしても?」

や、やばいっ!
人違いの彩音だった。

今さら人違いとも言えず、このまま押し切って…

「可愛いよ、彩音…」

お尻を揉み、オッパイを揉み・・・

「あ…っ」

「彩音も興奮してるのか…?奥からどんどん溢れてくる…」

「ばか…っ だめ…
兄妹なのに…こんな、だめだよ」

展開は更に過激になるのか?…

実は入ってます
無料立ち読みはこちら

>>5話に続く